※文中の夫とは、元・夫のコトです。

浮気。した方はただ、「ラッキー」 で終わるんだろうか。
された人でも、気にせずに (自分の中で消化して) いられる人はいるんだろうか。

私には出来ない。出来なかった。

ツライ クルシイ クヤシイ カナシイ ココロガイタイ イキガデキナイ
ツライ クルシイ クヤシイ カナシイ ココロガイタイ イキガデキナイ
ツライ クルシイ クヤシイ カナシイ ココロガイタイ イキガデキナイ
ツライ クルシイ クヤシイ カナシイ ココロガイタイ イキガデキナイ
ツライ クルシイ クヤシイ カナシイ ココロガイタイ イキガデキナイ

ずっとそんな感じだった。
家に戻って、夫の顔を、口を、手を見ると余計に。

昔の彼に浮気された時もそうだったけど、相手が知ってる人だと余計にリアルに
会話の風景や、周りの情景、、そして、浮気場面が想像出来てしまう。

ねぇ。どんな風に2人で食事をしたの?
ねぇ。どんな風に彼女の部屋に上がったの?
ねぇ。どんな風に彼女と2人で過ごしたの?

ねぇ。。。。。。 どんな風に彼女を抱いたの?
どうやってキスしたの?どうやって彼女を愛したの?抱いたの?

嫌!絶対に嫌!! 本当に嫌。
アリエナイ。無理。だってアナタの体は私のものでしょ?
私しか触ってはダメな体でしょ?私にしか触れさせないで。

肩が。輪郭が。背中が。全てが好きだった。夫は私の所有物ではないけど、
肉体関係という意味においては私だけのものだと思ってた。夫もそう
言ってたし、我が家は決してSEXレスだった訳ではない。 なのに何故?
何故私のものである筈のアナタの体を他の女が触ったの?
触らせるのを許したの? それアタシのじゃん!!!

もーホントやだ。ホントにやだ。

なんか、キレイな状態にして私に返して!!みたいな気持ちだった。
以前にも書いたけど、時間は戻らない。だから、知ってしまった事実は
消せなかったけど。



夫を一生懸命好きだった自分を思い出すと悲しくなるので、この辺りの
心情についてはココでで終了(笑) 基本的にネガティブな人間だから
過去を振り返るとトコトン凹む。でもって本当に泣ける。だから余り振り
返りたくない。常に前を向いて生きて行きたい。
とか言いつつこの文章書いてるのは、私にとって文章を書く、
という事はストレス発散にもなるし、精神バランスを取るための手段として数年前
から利用してる方法だから(笑)知ってる人から見てもカナリ膨大なTEXT量。
相当私 「TEXT書きマニア」 かと(笑)


以前運営してたサイトとかでも良く言ってたけど、私は、
ポジティブになりたいネガティブな人。
前向きを目指してる後ろ向きな人間(笑)

最近イジメとかよく問題になるけど。ズルイかも知れないけど、私は
ツライ場所からは逃げる。ツライ状況から自分を救う。それは例えば心が
不安定になるとスグに精神科に行って精神安定剤を処方して貰ったり、
嫌な環境を変えたり…かな。

だってナルシストだから(笑) 自分が可愛いから、自分がツライ状況は
嫌なんだもん。どうしても逃げられない場合は別の事でストレス発散する
けど (昔はそれが男だったりしたなぁ。。。10年以上前の話だけど)
結婚生活からは逃げられた。

自分を大切にして貰えて、自分が楽でいられる場所が将来、きっと他に
ある、そう思ったし。

うん。だから、この、苦しい状態からの結婚生活から逃げた。

人間完璧じゃない。けど、夫の、「どうしても許せない部分」 を
私の中で 「許す」、という事実に変える事はとても難しい。許した上で
やり直して、もし、また同じような事が起こったら?浮気ではないけど、
女関係の問題での揉め事は3度目。多分女好きって一生治らないし、
浮気を、その都度許せる程私は人間が出来ていない。

今後は少し夫が遅くなるだけで 「もしかしてまた?」 って疑ってしまう。
一挙手一投足を気にして疑心暗鬼になりながら生活するのなんて、無理。
ホント無理。今までは本当に本当に楽しかった。でもきっとこの先は
楽しくない。そんな生活いらない。


やだやだ。やーめたっ。


自分の中での最後の1本が切れてからは、本当に早かった。何もかも。
家出してる間に浮気が判った時点で既に別居するつもりで家を何件か探して
たんだけど(下見もして仮押さえしてました) すぐに本契約して、
引越しの見積も取って。。。

やりなおしたい、と言ってくれる夫の言葉にも心が傾かなかった。

だってねー。10月22日以降、引越しをした後の12月上旬まで。
本当に精神安定剤は手放せなかったんです。プチ鬱だったり、自律
神経失調気味の人なら判るかも知れないけど、動悸が突然激しくなって、
呼吸するのがしんどくなるんですよね。過呼吸じゃないんだけど、自発的に
深く息をしないと苦しいというか。。。そんな自分の精神状態と体の
状態が、夫といる限り…いつ治るのか判らないもの。

人間、緊張すると呼吸が浅くなるそうで (医者談) 浅い呼吸の状態だと
酸素を多く取り込めないから苦しいんだそうです。
うーん。酸素って大事なのね。。。

突然悲しくなって涙が止まらなくなる。何もしなかったら多分仕事は
マトモに出来ない。精神安定剤。。。 最初に処方されたのは23〜4歳の
時だったかなぁ。。。その時も失恋が原因で、かつ、友達とも揉めて、
仕事も行き詰って…みたいな時で私が何日も眠れなくて泣いているのを
見かねて母親が病院に連れて行ってくれたんだっけ。

あれ以来私の中で、精神安定剤は救世主?みたいな扱いをしてるけど(笑)
薬に頼るの反対派の人も多いけど、私は容認派。苦しい状況から少しでも
楽になれるのなら薬に頼るのだってアリだろう。と。   でもね。
環境が変われば気持ちも変化する。

夫と離婚を決めて、別居した事で私はスゴク、スゴク、楽になれた。
姿を見ないと、少しづつリアルじゃなくなって来る。あれだけ好きだった
夫の外見も日に日に輪郭がぼやけるというか。。。勿論忘れる事はないん
だけど、どう言ったらいいかな。

えーと。

デジタル映像でクリアに見えてた姿が、アナログの、かつ、古い映画に
なってく感じ?(わかりづらー)

日に日に薬も減って。日に日に夫とも連絡を取らなくなって←保険の
名義変更とか、業務的連絡はする必要があったんだけど、そゆのも
手続きが終われば連絡する事もなくなるし。。。

新しい生活が落ち着いてくるのと同時に私の心も落ち着いてきた。







続きはvol.8にて。
※本テキストは、2007年に別ブログにて書いたものを、2010年に再度
 転載しております。そろそろ時効かな、と思いつつ。。。