※文中の夫とは、元・夫のコトです。


結局、浮気されるってコトは私自身が色々な意味で “その程度の女”
だというコトな訳で。それを受け入れる事もとてもしんどかったんです
よね。。。相手をけなす=自分をけなしてるのと同じ。
(だからこのブログは自虐的でもある)

色々な人と付き合って来て、決定的な浮気は別れた夫含めて2回。
他もあったかも知れないけど、それは私が知りえない事なので体験して
ないのと同じかと。

浮気出来る人ってのは本当に驚く位多いんだけど、それは男に限らず…で。
直接の友達ではないけど、知り合いで、女で浮気してる人だっている。

私からすれば 「なんでそんな面倒なコト出来るの?」 が本当の所。
だって、お金と時間(労力)使うのよ?アホらしい。浮気に労力使う
暇あるなら他にする事あるでしょ?と。 だけどそんなアホらしい事を
する人を選んだのも私。ハァ≡3
あ・でも、20歳前半までなら若気の至り、で許されるかも知れないけど。。。
世間一般では。。。自分の過去振り返ると偉そうには言えないし。。。あはは



夫には、いい所だって本当に沢山あって。(だから勿論結婚した訳で)
部分部分とかもそうなんだけど、結構もう野性的?に 「私、この人好き!」
て感じで、夫とくっついてる事が好きだったし、手を繋いで歩くのも
楽しかったし、、、ホントに今回の事が無ければ今も普通に楽しく結婚
生活は送れてたと思うんだけど。。。

だからこそ突然に自分がこんなにも苦しい状況に陥ってる、今までと180度
違う事になってしまった=何か自分に原因や非があったのではないか、と。

なんかね、今まで色々波乱万丈ありつつも、結果的には自分の思う通りに
人生生きてきたつもりだったから、離婚する事が自分の将来設計の中に
無くて慌てたのかも。

夫に対してだけではなく、例えば過去に両親に対して数々の親不孝な事を
行ってきた事に対しての、神様からの仕打ちではないか?とか…
↑結構運命論者なので、私。

叔母にも、母からも 「見る目がないからこうなる」 と言われ、確かに…と
思ったり。でも、どこかでは 「私は悪くない」 とも思ったり。。。

そう、実際に、「でも、浮気される程私は酷い事してない」 って意識も、
拭いきれなかった。(だから許せなかったのもある) 主婦として、例えば
夫に依存し過ぎてたり、最低限の主婦業も出来ない馬鹿だった訳でもない。

フツーに家事はこなして、仕事もして。夫を道徳的に裏切る事だってして
ないし、嫌だと思う部分 (夫はスロットが好きだったんだけど、私はとにかく
ギャンブル一切が嫌いだったので) にも目をつぶって来た。

だけど、うーん。。。 「結局こういう気持ちって、 “私は頑張ってたのに”
って無意識に見返りを求めたのか?」 とか。。。ね。

恋愛はギブ&テイクではない筈なのに。

自問自答。
そうかも知れない。

夫を低く見てる自分がいて。だから浮気なんかされなくて当然と思ってた
部分もあった。この、自信過剰とも思える部分が表面化してなかったのか、と
問われると絶対に違う。
多分私の高慢的な態度は少なからず表面化していたと思う。

夫の必要な事に努力しない部分や有言不実行 (例えば、資格を取ると
言いつつ直前まで全く勉強をしなくて、結局2年連続で落ちたり) とかが
大嫌いだった。一見、周りから見ればラブラブな様でいて、実際には
仲良くしてる反面、夫に「アナタに尊敬出来る部分はない」 とか言って
しまった事もある。

そゆの、男の人なら傷つくし…そもそも、私を一生懸命好きだと言ってくれる
部分以外尊敬出来る所がないのに結婚した自分が悪かった訳で。

だから、私は悪くない!と思いつつも
それを本当の意味で肯定は出来なくて葛藤していた。
自分の非を認めたくなくて、苦しかったり、葛藤してたのかも知れない。



浮気に至るのに、私の何が悪かったんだろう?と問うと、夫は 「不満は
無かった。ただ、彼女から告白されて、魔がさしたと言うか」 って答えて
たけど、不満がない訳がない。

だって本当に性格キツくてプライド高くて良い悪いがハッキリし過ぎてる
女だもの。自信過剰な女だもの。客観的に見て、結構しんどかったと思うよ。

うん。うん。

他の女に無意識に安らぎを求めたのかもね。私じゃ癒しにならなかったの
かも知れない。

それに、夫の事が好きだって事を態度に出し過ぎていた。だから、夫の中での
油断もあったんだと思う。「この女は俺が何しても離れて行かない」 的な
部分も、、ね。


…あ。ちなみに、私の自信過剰な態度は、実際には自分に自信がナイ事に対する防衛策
なんですけどね(笑)結構ネガティブっていうか、私って結構凄い。頑張ってる!という自己
暗示がないと自分が崩れそうっていうか。。。世の中素晴らしい人って多すぎて、自分で
自分を庇ってあげないと誰が私を認めてくれるの?って思ってしまう。実はどこまでも自分に
自信がない人間なのよね。自分でも全てが中途半端だと思うから、さ。

すっごいナルシストなんですが。それも結局自分で自分を認めてあげないと周りからなんて
認めて貰えない、みたいな卑屈ちゃんな私が私の中にはあるからで(笑)←いやホント一歩
間違えると…私ってカナリのヒキコモリで、出来る事なら人間と関わりたくないヲタク人間
だと思うもん。おーコワッ。

だから、プライド高いクセに打たれ弱い。
「Maiちゃんのこういう所は良くない」 「Maiちゃんは間違っている」 そう正面切って言わ
れると凹む。し、否定されるとその意見を受け入れるより前に相手に対して一定の距離
以上近づかない壁を作ってしまう(ヲイ)

どこまでも。弱い人間だからこそ自分を肯定してくれる場所にいたい。だからこそ、自分は
間違ってない、、という意識を捨てるのがしんどい。自分をチヤホヤしてくれる人は好き。
嗚呼。ホント。典型的な卑屈人間だ。自分で自分をバカだと思いたくないけど、今回の離婚
騒動を経てバカを自覚せざるを得なかった。これまたしんどかったなぁ。。。それでも結構
男いないとダメな女で…んー。何度似た恋愛を繰り返すんだか。

そういう意味では、本当の意味で自分に自信持ってる人は苦手。強いオーラが出過ぎて
て。。。何て言うのかな。そのオーラが気分悪くなるというか。そゆ人にも一定距離以上
近づかない(笑)

世の中ね、自信持ってる人間だけじゃないでしょ?色々なコトに躓いて、やり直して、で、
また横道逸れて、気が付いて戻る。そんなにワタクシご立派じゃありませんから。芸能人
とかのごもっとも!な恋愛エッセイとか読むといつも 「ケッ」 と横目で見て読み流して
しまうのよね(笑)あーご立派ですね。そーですか。でもねー。全部がアナタと同じ考えの
人間じゃないですよ?て。 はー。



で。

全てを踏まえた上で、改めて将来を考えると…やっぱりこの人と続けるのは
シンドイなと。うん。しんどい、、自分が本当にしんどい、って思って
しまったんです。自分が可愛い人間が自分がしんどくなる場所に置かれて
生きて行くのはツライって。

だから夫を捨てた!というよりは、自分がしんどい所から逃げた!てのが本音。
夫と向き合ってやり直すより、自分が許せないって気持ちを優先したの。


こういう女と別れられたのは、夫の方がむしろ正解だったのか????






続きはvol.7にて。
※本テキストは、2007年に別ブログにて書いたものを、2010年に再度
 転載しております。そろそろ時効かな、と思いつつ。。。